So-net無料ブログ作成
検索選択

フラワーアレンジメントレッスン~体験レッスン~ [お花]

 湘南ライフタウンにあるフラワーアレンジメント教室 Clover です。
本日はママ友2人が体験レッスンに来てくれました。

一人はビタミンカラーが好きで、もう一人は白。と、いう事で、白多めのビタミンカラーのアレンジに。
花材は香りも楽しめるフリージア、スイトピー。
季節のお花、プリムラ、ミモザチョイス
色んなお花の持つ魅力に触れて、楽しんでもらいたいですし、種類別に花の扱い方の学びも多くなるので、初めてのアレンジメントでも、たくさんの種類を用意しました。

DSC09669.JPG


上から見るとこんなかんじ。

DSC09664.JPG

ついつい、レッスン前のお茶の時間に、話が尽きず、1時間も話しした後、いざレッスンに。
お二人共、フラワーアレンジトは初めてなので、基本的な花の扱いから説明して、始めました。

私が初めて生け花をした時には、「本当にここで切っちゃっていいの?」と思って、恐る恐る進めていきましたが、お二人は違いました。
二人共、初めてとは思えないほど、臆することもなく、大胆にカットし、次々と挿していかれました。

けれど中盤「これで間違ってない?」と質問が。
「アレンジに間違いはないからね」ときっぱり告げると、基本は押さえながら、再び自分の感性を信じて進めていかれたTちゃんでした。

デザインはアレンジ初なのでドーム。
しかし、一人は活け進めていくうちに、アーモンド型のホリゾンタルに近い形になってきたので、そのままホリゾンタルに変更して活けました。

花材を見事、使い切り、1時間という速さで完成させました。

Rちゃんの作品はこちら。

DSC09687.JPG

どんな向きから見ても、可愛く出来ました♪

DSC09691.JPG


ホリゾンタルに変更したTちゃんの作品はこちら。

DSC09692.JPG

背面も白色の繋がりがあって、視線の流れが心地よい配置に。
フリージアとミモザの流れもアシンメトリー(非対称)でカッコイイ!

DSC09696.JPG


二人とも初めてでも素敵な作品となり、「楽しかった!」と言ってくれたので、安心しました。
「また、やりたい」とのお言葉も頂き、嬉しく思います。

Tちゃん、ブーケ、経験値上げたらやろうね。

当、フラワーアレンジメント教室にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
 →Clover フラワーアレンジメント教室



フラワーアレンジメントレッスン~ハンギング・ティアドロップ~ [お花]

 湘南ライフタウンにあるフラワーアレンジメント教室 Clover です。
本日、いえ、もうすぐ日付変わりそうなので、昨日としておきます。
それはさておき、昨日のフラワーアレンジメントレッスンはティアドロップ型アレンジをハンギングフックに掛けて楽しむ形としました。

なぜかと言うと
①ハンギングアレンジが出来るフックがニトリでお安く売っていたから。→ハンギングフックを使ったアレンジにしよう!
②フラワーボール型のアレンジでは、つまらない。→違う形にしよう!
③ティアドロップ型は生徒さんも私も好きだし、ティアドロップブーケの持ち手が無い方が綺麗に感じる。→ハンギング・ティアドロップ型アレンジにしよう!

と、なった訳です。
どんなアレンジにするかの足掛かりは、雑貨である事がよくあります。

ただ、そのハンギングフックのお色が元々は黒で、似合う花色が限定されてしまうので、白のペンキでラフに色着けしました。

DSC09615.JPG

そして、花の調達の際、いい具合に生徒さんのそれぞれのお好きな色がミックスされていたバラの花束が安価で売られていたので、それを使って、試作品の私、生徒さん2人、それぞれ違う色でのアレンジとしました。

花色の違うアレンジをするのも、アレンジ歴の長いお二人にだからこそ、出来るものでした。

先輩Sさんは紫、赤系の花色。
これは、「難しい。」と言いながらも、感性に従って、どんどん進めていかれ、パープルの色合いにマッチした、シャープなアウトラインでカッコ良く決めてくれました。
グラデーション配色、そして濃い色パープルでビシっと締めた配色、端正なアウトライン、お見事でした。
また、スイトピーは一つ一つ丁寧にワイヤリング処理しているご様子が、花への敬愛と見えない部分にも、しっかりと手をかける誠実さが素敵でした。
クール&エレガントな先輩Sさんの作品はこちら。

DSC09624.JPG


後輩Sさん、「んー。どうしようかなぁ。」といつものように色合いと配置を吟味されながら、進めていかれました。
基本の水切りのカットの向きも初めのレッスンでお伝えしたことをいつも考えてアレンジしている様子を見て、嬉しく思いました。
見えない部分の基本技をしっかりとやってこそ、綺麗な仕上がりに繋がりますからね。

大好きな黄色とオレンジ色のアレンジの後輩Sさんの作品はこちら。

DSC09636.JPG


お二人共、アレンジが完成されると、「ふぅ~」と安堵の溜息でした。
重心が変わっていく、難しいティアドロップ型ハンギングスタイルを経験されたお二人ですから、次の機会にブーケでティアドロップを作る時には、きっと余裕をもって楽しく出来ると思いますよ。

当、フラワーアレンジメント教室にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
 →Clover フラワーアレンジメント教室


メッセージを送る